自分に似合うメイク方法

メイクは仕事をしたり、人前や公共の場にでるとき女性にとって必要不可欠な物だと私は思います。私は海外在住(オーストラリア)で驚いたのが、ほぼメイクをせずに仕事に行ったり、スッピンなのを全く気にしない人が多いことです。

しかし、日本ではメイク人が多く感じます。また、メイクに関してもただすればいいというわけでは無く、スッピンではないけれど清潔感があり、ナチュラルなものが好まれる傾向にあります。

よく、外国人に言われるのが日本人の普通のカジュアルなファッション、メイクを見て日本人はみんなキレイな人が多いと言われびっくりしました。あんな、スタイル抜群、パッチリ二重、ブロンドの髪と青い目を持った、(少し偏りがちですが)日本人みんなが憧れるような容姿を持った国の人から評価されるなんてと。

よくよく、話を聞くと日本にはメイクの仕方の幅が広く、自分自身の素材を生かしたメイクをしている人が多い、それ故にケバくならずにキレイと言う印象を与えるとのこと、でした。私自身若い頃は外国人風メイクやボリュームの多い付けまつげなど、濃ければ濃いほどよいと思っていましたが、この経験をし、いかに日本のナチュラルメイクが評価されているか、また年齢を自分の個性を生かしたメイク方法に改めて気づかされました。

これからは、身の丈にあったメイクの研究をしていきたいと思っています。

ラミューテ 効果ない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です